小野レディースクリニック

0794-62-1103
受付時間:AM9:00〜PM7:00

文字サイズ

一般不妊治療

一般不妊治療

体外受精・顕微授精と言ったいわゆる高度不妊治療が行われるようになったので、従来からの不妊治療を一般不妊治療と呼んで区別しているだけです。いい卵胞を育て,妊娠しやすいタイミングを指導していきます。

決して低度不妊治療では無く、不妊原因を探り,それを解決するために創意工夫を必要とします。むしろ私たちの力の見せ所と思っています。

タイミング法

不妊治療の基本中の基本です。

排卵に近い最も妊娠しやすい時期を,超音波検査で卵胞の様子を見ながら指導します。

薬物療法

タイミングを合わせると言っても、それに見合った適切な卵胞が発育していることが必要です。 そうした良い卵胞発育のために当院では、下記のような経口剤を単独、または組み合わせて使用します。クロミッド(一般名:クロミフェンクエン酸塩)・・排卵障害に広く用いられています。

レトロゾール・・・クロミッドの持つ欠点を少し軽減するとされており、クロミッドに代わって使用します(但し 自費となります) メトリオン(一般名:メトホルミン)・・・多嚢胞性卵巣でインシュリン抵抗性が認められた場合

当帰芍薬散(漢方)
温経湯  (漢方)
芍薬甘草湯(漢方)

注射療法

飲み薬で効果がない、または効果が少ない場合、注射剤を併用、または単独使用していきます。 注射での排卵誘発は、直接卵巣に働きかけます。作用は強力です。 反面 多胎妊娠や卵巣の過刺激が起こりやすいので、慎重に見ていく必要があります。

適切な使用、その為の煩わしさを軽減するため,自己注射をご指導しております。

人工授精

現在 人工授精は、精液から精子を洗浄・精子の濃度を濃縮する洗浄・濃縮人口受精を行っております。
これは排卵のタイミングに合わせて、そうした処理精液を子宮の中に細かいカテーテルで送り込みます。痛み等は まずありません。こうした人工授精の成績を上げるためには、まず良い卵胞を作る(経口/注射の排卵誘発剤使用する場合が多いです)。ベストの日が決まれば、それを土日祝日であろうと人工授精を実施する事でしょう。
お仕事を持ってお忙しい患者様には、時間的な問題があると思います。しかし、努力は報われますので、頑張って下さいね。

診療時間

 
AM
PM    

※3/23より診療体制変更

午前診療受付 9:00~12:00
午後診療受付 4:00~7:00