▲TOPへ戻る

Obstetrics

新生児聴覚検査

写真  生まれてきた赤ちゃんの健やかな成長はみんなの願いです。しかし、赤ちゃん1,000人のうち、1〜2人は、生まれつき耳が聞こえにくい障害があると言われています。このような場合、十分な聴覚刺激を受けることができないため、特に言語能力の発達に支障が出ます。しかしなるべく早く発見して、適切な援助、訓練をしてあげることで、正常な子供たちと同じように言葉を習得し、しゃべれるようになるチャンスがでてきます。当クリニックでは、生まれたばかりの赤ちゃんを対象に聴力の検査を実施しておりますので、是非、この検査を受けられることをお勧めします。

新生児聴覚検査 Q&A

どんな検査ですか?

赤ちゃんが自然に眠っている間に、検査音を聴かせて、脳から出る微弱な反応波を検出し、正常な波形と比較することにより、自動的に判定を行う検査です。短時間で安全に行える検査で、赤ちゃんは何の痛みも感じませんし、副作用もありません。また、鎮静剤などの薬も使いません。検査結果は「合格(PASS)」あるいは「要再検(REFER)」のいずれかで、検査後すぐに結果が出ます。

生まれた赤ちゃん全員が検査を受ける必要があるのですか?

聴覚に障害がある赤ちゃんのうち、半分の赤ちゃんは聴覚の障害以外には外見上、何の異常もなく健康です。このため、早期に障害を発見し、早期に聴覚訓練を開始するためには、すべての赤ちゃんが検査を受けて頂くことが望まれます 。

検査の結果が「要再検」であった時は?

もし、検査の結果、「要再検」であった場合でも、ただちに耳のきこえが悪いことを意味するものではありません。生まれたばかりの赤ちゃんは聴力が正常でも、耳の中に羊水などが残っている、検査の時に泣いている、動きすぎる、などにより合格しないこともあります。このようなときには、さらに詳しい聴力検査を受けていただき、正確な診断を下します。精密検査の進め方については、近隣の専門病院を紹介させて頂くなど、医師から詳しく説明させて頂きます。

検査に「合格」した場合は、一生、聴覚の心配はありませんか?

検査に合格した赤ちゃんの場合でも、成長の過程で中耳炎やおたふくかぜなどの耳の病気やその他の原因によって、あとになって耳のきこえが悪くなる場合もあります。

費用はいくらかかりますか?

検査費用として、3,500円かかります。