▲TOPへ戻る

Obstetrics

入院・ご出産にかかる費用

 入院の費用は患者様の諸条件によって異なりますが、5日間の入院で45万円前後必要です。
これには以下の費用を含みます。
☆ 分娩時追加薬剤・処置料金(0〜3万円程度)
☆ 分娩までに日のかかった場合は、一部保険適応がありますが別途加算されます。
☆ 分娩が準夜、深夜、休日になった場合は、それぞれ加算されます。
☆ 部屋代加算
  3人部屋 ・・・・加算無し
  2人部屋 ・・・・1日につき2,000円
  個室A ・・・・1日につき4,000円 
  個室B ・・・・1日につき3,000円
無痛分娩を希望される方は、上記の費用に加えて基本手技料3万円に薬剤・施行時間帯・管理料が加算されて合計4万〜10万円程度必要です。
別途、産科医療保障制度保険金1.6万円が必要です。
H21年10月より出生育児一時金は、直接支払い制度となります。
分娩費用負担分として40.4万円、産科医療保障制度保険金負担分として1.6万円の合計42万円が支給されます。(H27年1月より制度変更)
分娩は原則的には保険が適応されず全て自費となりますが、異常に対しては保険が適応になる
場合があります。そのような時は保険の自己負担分が加算されます。
ただし最近は保険の適応が厳しく、軽度の異常などは保険が認められず、全額自己負担して
いただかねばならないことが多いです。