▲TOPへ戻る

News

ー子宮がん撲滅のためにー

写真
昨年(平成25年)の当院子宮がん検診結果のお知らせ

内 容

 私どもは、小野市周辺からの子宮癌(子宮頸癌)撲滅を夢見ております。
その為に子宮がん検診を受けに来られた方は当然のこと、そうで無い患者様にも
1〜2年以上子宮がん検診を受けておられない方には、積極的に検診をお勧めしております。
昨年(平成25年)は 2707件の子宮がん細胞診検査を行いました。
その結果36名の方が要精査(さらに詳しく検査を要すること)となりました。
その内訳は、 クラスVaの人18名、クラスVの人4名、クラスVbの人11名、クラスWの人2名、 クラスXの人1名と言う結果を得ました。
全員に当院で精査を受けて戴き、軽度異形成と中等度異形成の方には、当院での適切な処置(原則的に子宮膣部電気焼灼術)を受けて頂き、その後の経過を厳重に責任を持って追っております。
高度異形成以上の結果の方には、兵庫県立がんセンターを紹介いたしました。
癌センターで適切な治療をして頂きました。
残念ながら子宮切除せざるを得ない患者さんも少しおられましたが、ほとんどの患者さんは簡単な処置〜手術で済み、命を脅かされる心配はありませんでした。
子宮がん撲滅のために、国の子宮がん検診受診率目標は50%です。
残念ながら どこの地方でも20%程度にとどまっています。
小野市も20%程度だと思います。
元気で楽しい生活を送るために、是非受診をお願いします。
子供にとって、お母さんを失うほどつらいものはありません。


宜しくお願いいたします。 理事長 小野