▲TOPへ戻る

News

ー不育症の治療に対する助成についてー

写真朗報!!
兵庫県下で、小野市が初めて不育治療費助成事業を実施します。
(お一人 年 10万円まで)
当院は、不育治療実施認定医療施設ですので是非ご相談下さい。

内 容

〜平成24年4月1日以降の治療費から適用〜
「不育症」は妊娠しても流産・死産を繰り返し、元気な赤ちゃんが得られない状態のことで、検査や治療ができる医療機関が限られていたり、医療保険適用外の検査・治療を続けておられる方々も多く、治療が長期にわたるなど、患者の方々の身体面、精神面、経済面での負担が大きい状態にあります。現在までに全国でいくつかの自治体が支援制度を実施しておりますが、小野市は、このたび兵庫県で初めてとなる助成事業を開始しました。
「不育症」の検査・治療を受けておられる小野市在住の方は、ぜひご相談ください。
(1)不育症の治療を受けていること。
(2)法律上の夫婦のうちいずれか一方、または不育症患者本人が1年以上継続して小野市に
   住所を有していること。
(3)給付対象の検査、治療に対して、他の市町村から同種の助成金の給付を受けていないこと。
(4)対象者及びその夫、世帯員全員に市税の滞納がないこと。
(5)医療保険に加入していること。
  ※その他、詳細な要件については、ご本人からの相談時に説明いたします。
1人1年度につき10万円を限度、1対象者100万円を超えない範囲
(1年度につき1回以内。通算年度は問わない。)
  ※医療保険適用の検査・治療であっても、その自己負担分を対象経費として認めます。
(1)小野市不育治療費助成金支給申請書
(2)不育治療実施証明書
(3)医療保険証の写し(夫の検査が対象に含まれる場合は、夫婦両方)
医療機関が発行した領収書(原本)
・社団法人日本生殖医学会が認定した生殖医療専門医の所属する医療機関
・その他、市長が認める医療機関
  ※詳細については、ご相談の際に説明いたします。
対象に該当するか否かのご相談も含め、できるだけ早い時期に担当課へ連絡してください。手続きをできるだけ簡便に実施していただくために提出書類の作成方法等について、担当職員が詳細に説明いたします。
・健康課では、書類申請の手続き方法以外にも、治療等にかかる様々な不安や悩みについて
 保健師がお話をお聞きします。
・秘密を厳守しますので、どんなことでも気軽にご相談ください。
小野市市民福祉部健康課
〒675-1380 小野市王子町806−1(小野市福祉総合支援センター内)
電話 0794-63-3977(直通)
時間 平日 9時〜17時まで

リンク

  小野市行政サイト