▲TOPへ戻る

Infertility

不妊治療費用について

ご存知と思いますが不妊治療には、健康保険が適用されるものとされないものがあります。
通常の一般不妊治療の殆どは、健康保険が適用されます。
自費診療となるのは、人工授精ぐらいです。体外受精等の高度不妊治療は、残念ながら自費診療です。 しかし一定の条件を満たせば、助成制度が利用できます。
当院は、もちろん特定不妊治療費助成事業の指定医療機関です。
しかし、そうした助成制度が利用できてもまだ高額な感は否めません。
不妊治療に対する当院の思いと方針」に書きましたように、採卵数や受精した胚の状態を考慮し、合理的かつ出来るだけ低料金に設定し、治療を続けていただけるように配慮しております。

人工受精 費用

 通常の人工授精(精液の原液使用) ・・・・・・・・
 洗浄濃縮人工授精 ・・・・・・・・・・・・・・・・
4,000円
10,000円
 

高度不妊治療 費用

体外受精・顕微授精 基本料金

 体外受精(採卵ー媒精ー受精卵培養) ・・・・・・・
 顕微授精 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
100,000円50,000円 (※80,000円)
 追加必要です
 (但し顕微授精は採卵できた卵子の数によって4万円から8万円の範囲があります)
  ※は3回目以降

胚移植関連料金

 新鮮胚移植(通常) ・・・・・・・・・・・・・・・
   2段階胚移植(通常の移植に加算)・・・・・・・
   胚盤胞移植 ・・・・・・・・・・・・・・・・・
 凍結融解胚移植 ・・・・・・・・・・・・・・・・・
40,000円
30,000円
50,000円
50,000円
(※30,000円)


(※40,000円)
 (但し 胚移植はグレードによって1万〜2万円の減額を考慮することがあります)
  ※は3回目以降

妊娠率改善のための手技関連料金

 SEET法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 SEET変法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 孵化補助法(AHA)  ・・・・・・・・・・・・・・
10,000円
3,000円
15,000円
 

凍結保存関連料金

 胚凍結保存 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
50,000円  
  (但し 凍結胚数によっては、1万〜3万円の追加が必要なことがあります)
 精子凍結保存 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 精子凍結保存延長(1年間) ・・・・・・・・・・・
 凍結胚保存延長(1年間) ・・・・・・・・・・・・
10,000円
30,000円
30,000円
 
残念ながら、すべての患者様に胚移植まで実施できる訳ではありません。
その様な場合の費用の目安です。
 採卵しても卵が得られなかった場合 ・・・・・・・・
 (料金の違いは、採卵時の麻酔法の違いによります)
15,000円 〜 25,000円
 その他、下記のような場合が生じます。
   採卵は出来たが、通常法で受精卵が得られない場合
   採卵でき、顕微授精を行ったが受精卵が得られない場合
   通常の体外受精で受精したが、その後発生しない場合
   顕微授精で受精したが、その後発生しない場合
 上記のような場合は、採卵数・受精方法・培養日数等を検討し、費用の返金を考慮いたします