▲TOPへ戻る

Infertility

不妊原因を調べる基本的検査

 不妊原因を調べる検査は、数多くあります。最初からすべてを調べることは、現実的でありませんしまたその必要もありません。
まず基本的な検査を受けて頂き、治療を勧めながら、さらに必要な検査を行っていきます。

基礎体温測定

毎日 基礎体温を測って、記録して頂きます。これから排卵の様子や黄体機能の推定ができます。
また治療の指示・内容を書き込んだりいたします。
検査と言うより不妊日記とも言うべき、非常に大切な記録表です。

ホルモン検査

卵巣刺激ホルモン(FSH) 卵胞の発育に関係する最も基本的なホルモンです。
黄体化ホルモン(LH) 発育した卵胞に作用し、排卵させその後、黄体作用を維持させます。
卵胞ホルモン(E2) いわゆる女性ホルモンで、卵胞の発育状態がわかります。
黄体ホルモン(P) このホルモンが低いと、黄体機能不全と言われ、着床障害や流産の原因になります。
プロラクチン(PRL) お乳を出す乳汁分泌ホルモンです。高値では排卵障害や黄体機能不全を引き起こします。非常に高い値の場合は、MRI で脳下垂体に腫瘍がないか、プロラクチンを高くする薬を服用されていないか等、調べる必要が有ります。
甲状腺ホルモン(FT4)
甲状腺刺激ホルモン
(TSH)
人が健康に過ごすための多彩な作用をもっています。不妊因子としては月経異常や習慣性流産を引き起こします。
テストステロン 男性ホルモンですが、排卵障害の一つである多嚢胞性卵巣の診断に役立ちます。

赤字は基本的に受けていただくホルモンです。

通水検査・子宮卵管造影検査

 子宮腔に入れた細いチューブから、通水検査では、生理食塩水を注入し卵管が詰まっていないか調べます。子宮卵管造影検査では、生理食塩水の代わりに、造影剤を入れレントゲン撮影します。この場合は、子宮腔の形態異常と左右の卵管の様子が分かります。
当院では、まず簡単な通水検査を受けていただき、問題が有れば子宮卵管造影を行っています。これらの検査は、治療的な意味も大きく、この検査を受けた後、妊娠をさ

超音波検査

 通常は経膣超音波検査を行います。まず、子宮の形態異常、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫、卵巣内の卵胞の様子等々、超音波検査からの情報は、非常に多くまた大切です。現在の不妊治療はこの検査なしでは成り立ちません。
卵胞発育の様子、排卵のタイミング決定、子宮内膜の様子は、日々の診察時に行います。

精液検査

 男性側の不妊因子の有無を調べる、基本中の基本の検査です。
4〜5日間禁欲した後、マスタベイションで専用の容器にとっていただきます。
自宅で採精されたものを届けていただいても結構です。
精液量、総精子数、運動精子数、奇形率を調べます。
精液の状態は、体調やストレスなどの影響を受けやすので、もし状態が良くない場合は間をおいて数回検査を行って判断する必要があります。

頸管粘液検査とヒューナーテスト

頸管粘液検査
  排卵に近づくと、子宮の入り口に粘液が増加してきます。これを頸管粘液と言い、精子の通過を助ける役割をしています。この粘液の分泌が少ない方が有りますので、排卵が近づいた時点で、その量・透明度・粘り気 等を調べる検査です。
ヒューナーテスト
  性交後試験とも言います。排卵の時期に性交を行い、翌朝 頸管粘液中の運動精子数を顕微鏡で数えます。この検査の結果が良くない場合、女性の中には精子の運動を阻害する抗体を、持っている場合がありますので精子不動化抗体を調べます。