▲TOPへ戻る

Gynecology

子宮体癌検診

  子宮体癌の早期発見は、非常に難しいものです。
閉経後に不正出血があれば、まず疑ってみると言う心構えがないと見逃してしまいます。
診断方法としては、まず子宮体部細胞診を行います。
補助診断法として、超音波検査で子宮内の様子を探ります。
          ↓
細胞診結果や、超音波検査結果で疑わしいと考えられた場合は、子宮鏡検査でもって子宮内腔の精査を行い、病変組織の採取を行って診断します。