▲TOPへ戻る

Gynecology

子宮頸癌検診

子宮頸部癌は撲滅出来ます。
子宮癌検診さえ受けていただければ、見逃しはしません。
子宮ガン検診は、2年に1度は是非受けてください。
検診には、国や市町村からの助成もあり、当院ホームページでもそうした情報は随時掲載していますからご覧ください。

子宮頸部細胞診検査

子宮癌の予防、診断は新しい時代に入っています。
HPVウイルスの感染もチェック出来るようになりましたし、子宮頸がん予防ワクチンも行われるようになりました。でも基本は子宮の出口の細胞診検査でしょう。
当院では、異常とされた細胞診標本は医師自身が検討し、精査を行う情報として役立たせています。

子宮膣部拡大鏡検査

写真 細胞診で異常が見つかった場合、子宮膣部拡大鏡検査(コルポスコピー)を受けていただきます。
写真のような器械で、子宮の出口を拡大して異常所見があれば、その部分を少し切除し、病理検査に出して確定診断を行います。


精査の結果、軽い病変の場合は当院で病変部を電気焼灼してより安心な状態で経過を厳重に見て参ります。 高度異形成と言う病変異常の場合は、適切な病院を紹介いたします。